私の強迫性障害の記録

私が経験した強迫性障害の加害恐怖の記録です。

タグ:会食

リラックスする
 今回は会食恐怖症の克服する方法として、リラックスすることについて述べていこうと思います。
 一人でも、友人とでも、社会の中でも、過度な不安から会食することができなかった私が、どのようにこの病と付き合っていったか、について述べていきます。

 正直に言うと、現在25歳の私は、完全に会食恐怖症を克服した訳ではありません。
 数字で表すと、会食恐怖症になる前が100会食恐怖症が一番酷かった時期が0とするならば、現在は80〜90くらいの状態です。
 かなりマシになった、という表現が適切と考えます。
 それでも一番酷かった時期の全く会食ができないという状況は今では無くなり、友人との会食の席や一人での外食も今では当たり前のようにできています。

 前回の記事までの内容として、自分が精神病であることに気付くこと、そして、会食の練習をすることが重要であることを述べてきました。
 その他に私が実践したことは、リラックスすることです。
 これは「当たり前」だと思う人がほとんどだと思います。
 ただ、リラックスしようと思ってリラックスできるほど、簡単なことではありません。
 これにも練習が必要です。
 行動療法ではありますが、私が実践しているのは「気持ちがとても落ち着いている」と心の中で呟くことです。
 これだけ?と思う方もいると思いますが、この呟きを習慣化することで、ある程度の効果は出てきます。

 練習として、毎日布団の中で「気持ちがとても落ち着いている」と少しずつ心の中で呟いてみてください。
 最初は難しいかもしれませんが、これに慣れてくると、リラックス効果が出てきて、眠りにもスムーズに入ることができます。
 慣れれば、眠ること以外にも使えます。
 会食の席で、少し目を瞑り、「気持ちがとても落ち着いている」と呟くこと。
 これだけでも、会食恐怖症の症状は少しずつ無くなっていきます。
 これに関しても何度も練習することで、私の症状はかなり改善していきました。

 リラックスすること。これは非常に難しいことです。
 しかし、やろうと思い、正しい方法で行えば自ずと成果は出てきます。
 私がそうだったように、過度な不安で会食ができない方、また別の症状が出てくる方にもオススメできることです。
 
関連記事

少しずつ練習する
 今回も、前回の記事と同様に、会食恐怖症の克服する方法を、述べていこうと思います。
 一人でも、友人とでも、社会の中でも、過度な不安から会食することができなかった私が、どのようにこの病と付き合っていったか、について述べていきます。

 現在25歳の私は、完全に会食恐怖症を克服した訳ではありません。
 数字で表すと、会食恐怖症になる前が100会食恐怖症が一番酷かった時期が0とするならば、現在は80〜90くらいの状態です。
 かなりマシになった、という表現が適切と考えます。
 それでも一番酷かった時期の全く会食ができないという状況は今では無くなり、友人との会食の席や一人での外食も今では当たり前のようにできています。

 まずは自分が精神の病気であると気付くことが重要であると、前回の記事で述べました。
 自分がどういう状況であるか?その理由は何か?ということを認知すること。そして、客観的に「今は不安を感じている」と見ること。
 これらが前回の記事の大まかな内容ですが、それだけでは不十分です。
 次に、会食の練習をすることが克服へのステップアップになります。
 私の場合、友人はおろか一人でも外で食事をすることができなくなったため、まずは一人で外食する練習をしました。
 ファミレスなどで練習しても良いと思いますが、私の場合、ファミレスに一人で入ることに若干の抵抗があり、より不安を感じてしまったため、一般的に一人で行くようなファストフード店で食事の練習をしました。
 ここで私が意識したのは頼んだ食事を全部食べ切ろうとしないことでした。
 例えば、ポテトだけを頼んだ場合、その3割ほどの量を食べて残す。食事することのリハビリみたいに少しずつ練習していきました。

 この行動が会食恐怖症の克服の勘所です。
 まずは一人だけで食事をしてみる。
 食べられる分だけでいい。
 そうやって気楽に食事をすることで、徐々に不安は和らいでいきました。

関連記事

会食恐怖症とは何か?
 私は、22歳で会食恐怖症を発症しました。
 友人と馬肉を食べに行き、トイレで嘔吐したことがキッカケです。

 では、会食恐怖症というのはどういった病気なのでしょうか。
 私の場合を例に話していきます。
 まず、会食をするとなると、特に

 ・吐き気
 ・悪寒
 ・冷や汗
 ・食べ物が飲み込めない
 ・胃もたれ


 と言った症状に襲われます。
 他にも、喉の渇き、めまいなども症状に現れます。

 この症状は厄介で、本当に会食することができなくなります。
 私の場合、友人との食事や、打ち上げの席などでも、食べ物を一口も食べられずに終わることがよくありました。
 さらに、一口も食べていないのにも関わらず、会食の席での料理を見るだけで吐き気が起こり、トイレに向かうことも多々ありました。
 1人でご飯を食べに行った場合も、症状は起こり、ほとんど食べ物に口を付けず残してしまうこともありました。

 ここまで聞いて、皆さんはどう思ったでしょうか?
 私がこの症状について、友人に話して聞こえてきたのは、
 「別に外に食べに行かなければいいんじゃない?」とか「本当に言っているの?」といった声でした。
 皆さんも同じことを考えたでしょうか?

 しかし、この症状は本当です。外に食べに行かないという選択肢は学生、増してや社会人になると難しいことです。

 会食できない苦しみ、理解されない苦しみがあります。
 私の場合はそれらに加え、他の方々に心配や迷惑をかけるのでは?という苦しみもありました。
 なかなか理解されない病気ではありますが、これが会食恐怖症の実態なのです。
 
関連記事

このページのトップヘ